シプロキサンのジェネリックのであるシプロックスで感染症に対抗する

Different kind of medicines

症状が収まっても服用を

an old woman

シプロックスとは、淋病や大腸菌・赤痢菌の治療をはじめ、呼吸器や中耳炎など様々な感染症に効果を発揮する抗菌薬です。シプロキサンのジェネリック医薬品で、有効成分シプロフロキサシンが配合されています。細胞のDNA複製を阻害することで細菌の増殖を抑える作用があり、従来の抗菌薬に耐性のある菌にも効果的です。通常はクリニックで医師の診察を受け、処方を受ける必要がありますが、海外から個人輸入で購入することも可能です。個人輸入は診察料などがかからず、クリニックよりも経済的コストを抑えられるのが特徴です。シプロックスには250mgと500mgの2種類があり、平均的な価格は250gmは1錠約150円、500mgは1錠約300円です。

シプロックスは症状によって用法用量が異なりますが、成人の場合1日100mgから200mgを2回から3回経口服用します。病原菌の増殖が抑えられるに伴い、腫れやかゆみ、痛みや発赤などの症状が和らぎます。症状が消えても病原菌が残っていることがありますので、再発を防ぐために決められた期間を服用することをおすすめします。シプロックスを海外から個人輸入する場合、代行業者を利用すると手続きを自分で行わなくて済むので、購入の手間が省けます。ほとんどの業者で価格差は少なく、あまりにも安い場合は粗悪品の可能性があるので注意してください。個人輸入代行業者では、まとめ買いをすれば割引が適用されるサービスが用意されていることが多いので、継続的に使用する際は一度に購入した方がお得です。